go for growth!!!

プロダクトマネジメント、MAMツール、グロース、そして最近はGenerative AI関連のお役立ち情報をお届け。プロダクトのグロースに活用できる本やツール、ChatGPTの使い方等の紹介。

「エンジニアリング組織論への招待」要約と書評

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

この本は、エンジニアリング組織が直面する不確実性に対処するための思考と組織改革の方法を解説しています。著者は、リーダーやメンバーがどのように組織のリファクタリングを進めるべきか、実践的なアドバイスを提供しています。

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング

「エンジニアリング組織論への招待」の要約

  1. 不確実性の理解:エンジニアリング組織が直面する不確実性の種類と、それぞれの対処方法を解説します。また、不確実性を抱える組織がどのように適応し、変化に対応すべきかについても説明しています。
  2. 組織設計:組織の構造やチームの役割について考える際のポイントや、適切な組織設計の方法を紹介しています。また、エンジニアリングチームの成長を促す手法や、リーダーが持つべきマインドセットについても解説しています。
  3. エンジニアリングマネジメント:エンジニアリングチームを効果的に管理し、成果を出すための方法を提案しています。具体的には、人材育成やマネジメントスキル、コミュニケーションの重要性について説明しています。
  4. 継続的な改善:組織が持続的な成長を実現するために、リファクタリングや改善の取り組みが重要であることを強調しています。また、組織全体で継続的な改善を推進するための方法を紹介しています。

 

本の構成

  1. エンジニアリング組織の課題:組織が直面する不確実性と、それに対処するための思考法を解説しています。
  2. 組織設計の基本:適切な組織設計の方法と、チームの役割について考える際のポイントを紹介しています。
  3. エンジニアリングマネジメント:効果的なマネジメント手法や人材育成に関するアドバイスを提供しています。
  4. 継続的な改善と組織のリファクタリング:持続的な成長を実現するためのリファクタリングや改善の取り組みについて説明しています。

「エンジニアリング組織論への招待」の要点

  1. エンジニアリング組織は、不確実性に対処するために柔軟性と適応力を持つべきである。
  2. 適切な組織設計とチームの役割は、チームの生産性と成長に大きく影響する。
  3. エンジニアリングマネジメントは、人材育成やコミュニケーションを重視することが重要である。
  4. 組織全体で継続的な改善を推進し、リファクタリングを行うことが組織の成長につながる。

著者の経歴

広木 大地は、エンジニアリングマネージャーとして多くの組織で働いた経験を持ちます。彼は、エンジニアリング組織の課題や組織設計に関する専門知識を持っており、本書ではその知見をもとに組織改革の方法を提案しています。

同じテーマに関する他の本との比較

本書は、エンジニアリング組織の課題に特化しており、他の組織論の本とは異なる視点を提供しています。また、リーダーやメンバーが直面する具体的な問題に対する解決策を提案する点も、他の本と比べて特徴的です。

想定読者層

エンジニアリングチームのリーダーやマネージャー、CTO、組織開発に関心のあるエンジニアなどが想定読者層です。また、エンジニアリング組織における組織改革やマネジメントに関心のあるビジネスパーソンにも役立つでしょう。

世の中の反応

本書は、エンジニアリング組織の課題に対する実践的な解決策を提供する点で高い評価を受けています。多くの読者が、著者の経験に基づく具体的なアドバイスや、組織改革の方法についての解説を参考にして、自分たちの組織に適用している様子が伺えます。

 

ひと言まとめ

『エンジニアリング組織論への招待』は、不確実性に対処し、組織改革を行うための具体的な方法を提供している点で、ビジネスパーソンにとって大きな収穫がある本です。エンジニアリング組織のリーダーやメンバーが、組織の成長を実現するためのリファクタリングや改善の取り組みを学ぶことができます。